【経産省】官庁訪問を徹底解剖してみた【後編】

国家公務員就活の最終ステップ、官庁訪問。でも身近に内定者がいたり、予備校に通っていないと、なかなか情報を入手しづらいですよね。
今回は「官庁訪問徹底解剖シリーズ」第2弾、経済産業省の官庁訪問の後半(第3-5クール)を紹介します!

※取り扱うのは、総合職事務系の官庁訪問です
※官庁訪問の内容は、年によって変化します。今回の記事は2019年度を参考にしていますが、今後も同じ内容とは限らないのでご注意ください。

💡この記事を読み進める前に…

☞【経済産業省】官庁訪問を徹底解剖してみた【前編】はこちらの記事をチェック!

☞「そもそも官庁訪問ってどんな仕組みなの?」という方はこちらの記事をチェック!

☞官庁訪問頻出ワード「ブース面接や原課訪問って何?」という方はこちらの記事をチェック!

0

目次

1.第3-5クールの意義
2.第3クールの詳細
①スケジュール
②特徴
3.待ち時間には何をしているのか
4.最後に

1.第3-5クールの意義

そもそも第3-5クールは、官庁訪問の中でどのような位置づけにあるのでしょうか。
第1-2クールとの最大の違いは、第3-5クールは形式的なイベントが多めということです。第3クールは選考に直結していますが、第4-5クールでは選考に直結するようなものはほぼありません。そのため、1日のほとんどが待ち時間となっています。

2.第3クールの詳細

①スケジュール

経産省の第3クールでは、以下のようなスケジュール感で選考が進んでいきます。

時刻所要時間内容
8:30~9:301h集合・待機@待合室
9:30~9:4515minブース面接①:今日の流れを説明される
9:45~12:303h待機・昼食@待合室
12:00~14:302.5hグループディスカッション
14:30~20:105.5h待機@待合室
20:10~155minブース面接②:今日の結果を伝えられる
20:15解散・帰宅

参考:内定者の体験談
※個人によって順番や時間は前後する可能性があります。

0

②特徴

第3クールの特徴はズバリ、グループディスカッションがあることです。
グループディスカッションの概要は以下の通りです。

項目詳細
人数6人
時間約2時間
テーマ任意の社会問題。当日即題、資料あり。Ex.放射性廃棄物問題など
アウトプット政策案を口頭で発表
審査員職員

また、ここで評価されているのは
・論理的思考力
・他人との合意形成能力
・傾聴力
などだと考えられます。
採用に関係するのは、このグループディスカッションが最後だと言われています。
そいて、この日のブース面接にて、第4クールに参加できるかどうかが伝えられるのです。

2.第4-5クール

次に、第4-5クールについてお話します。
第4クールでは、秘書課長の方と10分ほどの面談をします。そこで問われるのは主に志望動機などです。大体18時ごろに解散となりますが、あとはすべて待ち時間となります。
また第5クールでは、内々定が告知されます。その際、職員の方々と握手を交わすような感動的なイベントもあるようです。このときも、1日のほぼすべてが待ち時間であるといえるでしょう。

01

3.待ち時間には何をしているのか

では、そんな長時間の待ち時間で、就活生は何をしているのでしょうか。
読書、面接の対策などなど色々ありますが、多いのは周りの就活生との雑談や、絵しりとりのようです。
省庁ごとに待合室の雰囲気は異なるといわれていますが、経産省は和気あいあいとコミュニケーションをとりながら過ごすことが多いみたいですね。
しかし、過去には待ち時間中に騎馬戦(!)をして第4クールで失格になった人もいるとか…。くれぐれも、選考の一環であることをお忘れなく!

4.最後に

今回は、官庁訪問の後半戦である第3-5クールについて取り扱ってきました。今後も他の省庁について、同様の記事を発行していく予定です。ご期待ください!
また、より詳しく経産省の官庁訪問について知りたいという方は、こちらの内定者BOOKをご参照ください。

💡まだ読んでいなかったら…

☞【経済産業省】官庁訪問を徹底解剖してみた【前編】はこちらの記事をチェック!

Embedded content: https://www.xkasumi.com/media/articles/kanchohoumon_meti

☞「そもそも官庁訪問ってどんな仕組みなの?」という方はこちらの記事をチェック!

☞官庁訪問頻出ワード「ブース面接や原課訪問って何?」という方はこちらの記事をチェック!

この記事を書いた人

ぐしふぁ
ぐしふぁ
都内大学文系4年生。座右の銘は「鉄は熱いうちに打て」、目標は「有言実行」。初稿から締め切りを全く守れていない。

新着記事