【経産省】官庁訪問を徹底解剖してみた【前編】

国家公務員就活の最終ステップ、官庁訪問。でも身近に内定者がいたり、予備校に通っていないと、なかなか情報を入手しづらいですよね。
そこで、今回は「官庁訪問徹底解剖シリーズ」第1弾として、経済産業省の官庁訪問を紹介します!長いため、前編(第1-2クール)と後編(第3-5クール)に分けてお届けします。

※取り扱うのは、総合職事務系の官庁訪問です
※官庁訪問の内容は、年によって変化します。今回の記事は2019年度を参考にしていますが、今後も同じ内容とは限らないのでご注意ください。

💡この記事を読み進める前に…

☞「そもそも官庁訪問ってどんな仕組みなの?」という方はこちらの記事をチェック!

☞官庁訪問頻出ワード「ブース面接や原課訪問って何?」という方はこちらの記事をチェック!

1


目次

1.第1-2クールのスケジュール
2.第1-2クールの特徴3つ
①毎朝あるブース面接
②原課訪問の多さ
③合否発表は最後
3.最後に


1.第1-2クールのスケジュール

経産省の第1-2クールでは、以下のようなスケジュール感で選考が進んでいきます。官庁訪問で回る予定の方は要チェックです!

時刻所要時間内容
8:30~9:301h集合・待機@待合室
9:30~:4515minブース面接①:今日の流れを説明される
9:45~10:451h原課訪問①
10:45~11:501h待機@待合室
11:50~12:0015minブース面接②:原課訪問の感想を聞かれる
12:00~14:303.5h昼食・待機@待合室
14:30~:4515min人事面接:志望動機などを聞かれる
15:30~16:301h原課訪問②
16:30~:4515minブース面接③:原課訪問の感想を聞かれる
16:45~19:002h待機@待合室
19:00~20:001h原課訪問③
20:00~21:301.5h待機@待合室
21:30~:355minブース面接④:今日の結果を伝えられる
21:35解散・帰宅

参考:内定者の体験談

※個人によって順番や時間は前後する可能性があります。

1

2.第1-2クールの特徴3つ

次に、経産省の官庁訪問の特徴について説明します。

①毎朝あるブース面接

経産省では1学生に1人、秘書課の職員が配属されます。彼/彼女は、官庁訪問中に精神面をサポートしてくれる、いわばメンターのような存在です。
特徴の1つ目は、そんな秘書課の職員と毎朝15分ほどの面接(=ブース面接)があることです。
ここでは、緊張をほぐすための雑談をしたり、その日の流れを確認することがほとんど。選考に直接は関係しないようです。
※まれに、ブース面接抜きに原課訪問になる場合もあります。

②原課訪問の多さ

一般的に、経産省では原課訪問が1日に3回ほどあります。これは他省庁に比べて多いほうだと言えるでしょう。
訪問先の希望は事前に聞かれることもありますが、かなわないことも多いです。ですが、現場の最前線の方とお話できる、贅沢な機会です。たくさん質問をしましょう。また、直後のブース面接では、学んだことを整理してアウトプットするよう心がけるのがポイントです。

1

③合否発表は最後

経産省では、その日の最後のブース面接にて、次のクールに進めるかどうか伝えられます。そのため、その直前の待ち時間は緊張に包まれています。気を紛らわせるための本や、お菓子などを持っていくのがおすすめです。

3.最後に

今回は、官庁訪問の前半戦である第1-2クールについて取り扱ってきました。後編も公開中ですので、下のリンクからご覧ください!

また、より詳しく経産省の官庁訪問について知りたいという方は、こちらの内定者BOOKをご参照ください。

この記事を書いた人

ぐしふぁ
ぐしふぁ
都内大学文系4年生。座右の銘は「鉄は熱いうちに打て」、目標は「有言実行」。初稿から締め切りを全く守れていない。

新着記事