【人物試験①】人物試験について知っておきたい5つのこと

国総の試験には欠かせない、人物試験。「民間の面接とは何が違うの?もしかして圧迫面接?」など、疑問は尽きません。今回は、そんな人物試験について知っておきたい5つのことをまとめました。
※取り上げているのは、国家公務員総合職の人物試験対策についてです。

目次

0.はじめに
1.大学名は言ってはいけない
2.面接官は3人、様々な省庁の方
3.1面接官につき1項目を担当
4.時間は20分
5.雰囲気は和やか
6.最後に

0.はじめに

人物試験とは、いわゆる面接のことです。教養区分・専門区分双方において2次試験に位置しており、公務員試験の最後のハードルと言えます。以下、概要をまとめます。

  • 事前に記入した面接カードを基に進行していく
  • 面接カードには「① 学業や職務において」「② 社会的活動や学生生活において」「③ 日常生活その他について」「志望動機」の4つの欄に分かれている
  • 面接カードのテンプレートは、試験直前になったら人事院のHPで公開される
  • 人物試験の評価は、A~Eの5段階でつけられ、Eは不合格である。平均はC評価だと言われている

1.大学名は言ってはいけない

意外と知られていませんが、大学名(会社名)等が特定されるような発言はご法度です。
面接カードにも「出身校や会社名などが特定されるような記入は避けてください」と記載があります。自己紹介を求められた際や、各項目について話す際には気をつけましょう。

secret

2.面接官は3人、様々な省庁の方

面接官は全部で3人、30~40代の課長補佐級の方です。真ん中の方が人事院、左右の方は各省庁から手伝いに来ています。そのため、面接官が特定の省庁に偏ることはありません。また、知っている顔の採用担当が登場する可能性もあります。

3.1面接官につき1項目を担当

3人の面接官は、それぞれ1~2項目について質問をしてきます。人事院の方は「① 学業や職務において」と「志望動機」を担当し、左右の面接官の方はそれぞれ「② 社会的活動や学生生活において」と、「③ 日常生活その他について」を担当します。
また面接官は、全員評価シートを手元に持っており、それに基づいて点数を記入しています。あくまで噂ですが、それらのシートを基にした合議制にて、A~Eの評価が決められているそうです(※)。

※2020.08.01修正・追記

Twitter

4.時間は20分

面接の合計時間は20分です。そのため、単純計算で各項目に割かれる時間は5~6分となります。ただし注意が必要なのが志望動機です。志望動機は面接官によって、A最後に聞かれる場合、B時間切れで聞かれない場合、C最初に聞かれる場合に大別されます。面接内で志望動機に触れられなかった、またはいきなり最初に聞かれたという場合でも、落ち着いて対応しましょう。

5.雰囲気は和やか

面接の雰囲気は、非常に穏やかです。面接官の方も「緊張していますか?待合室ではどんなことをしていましたか」など、最初にアイスブレイクをしてくださいます。時間の都合上淡々と進んでいくため、笑顔あふれる面接…というわけではありませんが、決して圧迫面接ではありません。気負う必要は全くないため、リラックスして臨みましょう

meeting

6.最後に

今回は、人物試験に関して知っておきたい5つのことについてご紹介しました。次回以降は、具体的な面接の雰囲気等についてご紹介したいと思います。

この記事を書いた人

ぐしふぁ
ぐしふぁ
都内大学文系4年生。座右の銘は「鉄は熱いうちに打て」、目標は「有言実行」。初稿から締め切りを全く守れていない。

新着記事